『遺留捜査4』2話 あらすじネタバレ“糸村らしさ”健在で最高視聴率15%

『遺留捜査4』2話のあらすじネタバレを公開!1話では“糸村らしさ”健在で最高視聴率15%で好スタートとなった。2話は名子役として注目を集める寺田心が“天才将棋少年役”でゲスト出演しする。心に“影”を抱えているという役どころを天才子役はどう演じるのか楽しみだ!

『遺留捜査4』2話 あらすじ内容

放火殺人の容疑で逮捕された赤木一雄(近藤公園)が所轄署から逃走、糸村聡(上川隆也)をはじめとする特別捜査対策室のメンバーも捜索に奔走する。

その翌朝、会社員・坂田治(山田アキラ)の刺殺体が発見される。赤木の捜索のため付近にいた糸村は、現場に急行。遺体の近くに将棋の駒が1枚、落ちているのに気づく。その駒は一部が焦げ、血痕が付着していた。

しかも、“銀”なのに、裏が“角”であることに、糸村は疑問を抱く…。

その後、将棋の駒や坂田の衣服から赤木の指紋が検出され、なんと坂田は赤木の放火殺人事件の目撃証人だったことがわかる。証言され逆恨みした赤木が、坂田を殺害したのか…!?
だとすると、赤木はもうひとりの目撃証人を狙うかもしれない。

糸村と神崎莉緒(栗山千明)はその目撃者、西崎みちる(酒井若菜)のもとを訪れる。みちるは、かつて赤木が勤務していた町工場で働くシングルマザーで、ひとり息子の優太(寺田心)と暮らしていたが…!?

放火殺人犯の容疑者・赤木一雄(近藤公園)は、京都将棋を通じて優太と仲良くなっていた。

赤木は、優太がパイロマニアだと知っていた。それは親から十分な愛情を受けて育たなかったりすると、寂しさを紛らわすために火遊びや放火をしてしまう症状のこと。

赤木は小さい頃、父に連れられて将棋教室に通っていたが、父が亡くなり、1年後に母は男性と蒸発してしまう。

親戚に預けられて毎日将棋教室通っていたが、教室でボヤ騒ぎがあった。犯人は赤木でそれ以降、二度と将棋教室に来ることはなかった。

赤木は優太の寂しさから優太が火をつけたのを見たことがあり、心配して京都将棋を教えた。工場裏のゴミ置場のボヤも優太の仕業だと知った赤木は月に一度は優太に会いに来ていたのだ。

2ヶ月前に逮捕された赤木の遺留品の将棋にコマを火をつけたのも優太だった。
コマは赤木がプレゼントしたものだったが、今度会う日までと預かっていたのだった。

みちるは、そこまで赤木が優太のことを親身に思っていたことを知らず、南部(大河内浩)に頼まれて、西崎みちるは100万円を受取り、目撃証言を偽証していたのだった。

初めて、優太の本音を聞いたみちるは、優太を抱きしめ、寂しい思いをさせていたことを詫びるのだった…。

『遺留捜査4』2話の感想

遺留捜査 録画見た。虐待された子どもが放火・・・

今回の事件切ねぇよ…

第2話で殺された赤木役の俳優さんは近藤公園

『遺留捜査4』糸村聡演じる上川隆也

『遺留捜査4』でも糸村聡演じる上川隆也は、警視庁月島中央署から京都府警へ異動しても、変わらぬ遺留捜査ワールドで展開されそうだ。

糸村聡役を演じる上川隆也は、糸村についてどう思っているか?

『遺留捜査』が始まったのは、2011年4月という、どうしても忘れられないあの東日本大震災(2011年3月11日発生)の直後でした。
役者に何ができるのかを考えさせられた時期でしたが、被害者の思いに寄り添うこのドラマに、僕は意義ややりがいを感じることができたんです。
今回は久々に演じるからこそ、あらためてあの時の思いを忘れたくないと思いました。

その上で、糸村という人物は、自分で演じておいてこう言うのも変ですが、確かに奇異な男ではあるんですけど、一方でどこか愛すべきキャラクターであるという実感はあります。

もしそれが、こうして繰り返し作品を続けさせていただける要素なのなら、僕もうれしいです。
なので、このクールでも色々な局面で糸村がどう振る舞うのかを、一番そばで眺めつつ楽しみたいと思います。

とコメントしている。やはり、糸村はあの糸村のようだ!

また、糸村と言えば、ショルダーバックだが、『遺留捜査4』でも変わらず使用されている。
しかし、このショルダーバッグは初めて新しいものに変わったそうだ。

でも糸村にしてみたら、きっと物が入ればいいという考えなので、こだわっているようで、こだわりはないようで、同じショルダーバックでなくても良いのだろう。

ちなみに、中身は、適時必要なものが出てくるようで、中に入るものならば何でも出てくる入れてしまう

いつぞやは包装の解かれた「あんパン」を入れてたりしたので、あのあんパンはその後どうなったんだろうと心配だが、糸村は気にもしていないようだ。

『遺留捜査』第1シーズンが始まってから6年が経つが、糸村は変わらず面白く、糸村の奔放さは他のどんな役にもないにもない部分。この唯一感こそが6年を経ても視聴者が糸村にもつ愛着なのかもしれない。今後のストーリーにも期待が高まる。

『遺留捜査4』の現場は和やかなムード

『遺留捜査4』の撮影がスタートしたのは5月7日で、主演・上川の誕生日だった。

クランクイン当日、スタッフは上川に内緒でサプライズセレモニーを準備。上川演じる糸村とコンビを組む刑事・神崎莉緒役の栗山千明と共にバースデー祝いが行われることに。

用意されたスペシャルケーキは、番組のイメージカラーであるグリーンを背景に、上川扮(ふん)する糸村刑事が描かれた特注品で、上川の愛犬“ノワール”の姿まで…。

上川は「ケーキにノワールがいますね! すごい!! 僕とノワール、どちらがお祝いしてもらっているんだか一瞬迷いますが(笑)、本当にありがとうございます」と、スタッフの気遣いに大感激していた。

出典:news.ameba

遺留捜査の第4シリーズのキャストやあらすじが公開され、2017年07月13日(木) 20時00分から第4シリーズ…

『遺留捜査4』1話のあらすじや相関図よりドラマのネタバレが明らかになった。1話は…

『遺留捜査4』 3話のキャストには袴田吉彦が登場する。今回のあらすじは”やじろべえ人形”に疑問を抱く糸村…

『遺留捜査4』4話のネタバレを公開。キャストには団時朗が登場する。今回は、強盗が手に握っていた…

『遺留捜査4』5話のネタバレを公開。キャストには多岐川裕美が登場する。業界では有名な不動産ブローカーで“鬼女”とよばれる母を持つ息子…

『遺留捜査4』6話ネタバレを紹介。6話のキャストは科捜研の村木が関わっている。所轄署の警察官(岩松了)が殺害され妻の真由美(国生さゆり)…

『遺留捜査4』7話ネタバレを公開!今回のキャストは、ホームレスとなり河川敷で暮らしていた、かつての有名小説家・尾上(小林隆)が何者かに…

『遺留捜査4』8話ネタバレを公開!今回のキャストは、イベント制作会社社長・柴田亜弓(小沢真珠)の絞殺死体が見つかり、糸村(上川隆也)は右足のハイヒール…