『遺留捜査4』5話ネタバレ キャスト紹介と無料動画を見る方法

『遺留捜査4』5話のネタバレを公開。キャストには多岐川裕美が登場する。業界では有名な不動産ブローカーで“鬼女”とよばれる母を持つ息子との確執を陶器のかけらが真相を語る。

『遺留捜査4』5話ネタバレ 予告動画

『遺留捜査4』5話ネタバレ 予告動画

『遺留捜査4』 5話ネタバレ あらすじ

『遺留捜査4』 5話ネタバレ あらすじ

京都市内の森林で不動産会社社長・東條志津子(多岐川裕美)の刺殺体が見つかった。
志津子は業界では有名な不動産ブローカーで、政財界ともつながりが強い。“鬼女”とよばれるほどのやり手で敵も多いようだった。

凶器はナイフだが、現場に残っていないため、持ち帰ったと推測された。また金品は狙われておらず、仕事がらみのトラブルによる犯行なのかではないか…?

だが、糸村聡(上川隆也)が着目したのは、遺体の手元に落ちていた三角形の陶器だった。志津子が身に着けているのは高級ブランド品ばかりなのに、なぜこんなものを持っていたのか、気になったのだ。

現場の神無森は志津子の会社が所有していた土地で、この森にはホテル建設の計画があり、売りに出していたところだった。佐倉は、その売却を巡ってトラブルがあったのでは、と志津子の部下の岩田直人(伊東孝明)に尋ねるが、岩田は怒ってそんなことはないと言う。その場にいた、室長の吉井は何か言いたそうな顔をしていた。

外で思いつめていた吉井は、佐倉に売却先は岩田が担当していたが、志津子は岩田が連れてきたフランセットホテルズをキャンセルし、もっといい条件の売却先を見つけたと言い放つ。

岩田は考え直すよう志津子を説得するが、聞く耳を持たなかった。また、売却先は志津子が極秘に交渉していたため、分からないのだった。

そんな中、神崎莉緒(栗山千明)と共に、志津子の息子・達也(山中崇)を訪ねた糸村。達也は現場の森のはずれにたたずむ清水焼の工房で働いており、母親とは絶縁していたと話す。

達也の父親は20年前に家族を捨てて、行方知らずだった。また、父親も陶芸家だった。

神崎は、事件について心当たりはないか?と尋ねるが、僕は母から憎まれていたのでしらないと言う。

糸村は、志津子の遺体の近くに落ちてあった陶器をみせるが、達也は覚えに無いと答える。

遺留捜査見逃しちゃったという方に…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『遺留捜査』動画でおさらいしてみる。

父・カズマと工房主の小澤康夫(河西健司)は、別の工房で働いていたが、志津子がカズマの才能に惚れ、独立の支援をしてくれたのだったが、カズマは、志津子の金を持ち出して、蒸発してしまった。その後の消息は、10年前頃の噂では、輪島あたりの工房にいると聞いたことがあると話す。

小澤によると、達也が母親から憎まれていると言った理由は、カズマが失踪後、志津子は達也を自分の後継者として育てるが、陶芸家の道を選んだことが許せなかった。また、この工房も森が売れたら、志津子から立ち退きを迫られていたという。

犯行の動機として、小澤も達也も十分あるためもっと調べる必要があると神崎は言うが、糸村は、科捜研に行こうとしていたため、神崎は引き留める。

糸村は、陶器のかけらを届けたら戻ってくると言い、神崎と指切りして別れる。

科捜研の村木が陶器の鑑定をするとそれはブローチだったことが判明する。最近、陶芸を始めた村木はブローチを見て、独特の土味だと言う。

糸村は村木が作った陶芸を見ながら、「新しいですね。花瓶に取っ手が付いてるんですね」と感心すると、村木はこれはティーカップだと答える。

室長の桧山の部屋に、民自党の副幹事長、結城圭祐が来ていた。結城は、志津子は民自党の有力な支援者だ。いろいろと支援してもらっている。

悪いがお前に話すことはない。と桧山が言うと、結城は、面白いネタを持ってきたと言い、外資系のホテルチェーンが、志津子の部下を賄賂で抱き込んだと情報を提供する。

桧山は見返りを求めない結城を怪しむが、何か進展があったら連絡くれと言い結城は立ち去る。

売りに出されている神無森は20億で売りに出されていた。本来、志津子が交渉を進めるのだが、今回は、部下を育てるため岩田が担当に指名された。しかし、土地の売却を志津子にひっくり返されたのだった。

佐倉たちは、フランセットホテルズからの裏金が志津子にバレて、ひっくり返されたのではと推測する。

また、小澤たちも工房の立ち退き要求に頭を痛めていた。何とか阻止する方法がないかと弁護士にも相談していた。

岩田も小澤たちも動機があるため、引き続き聞き込み活動を行っていた。

神崎は、小澤たちの作品を販売している問屋の店主に聞き込み調査を行っていた。店主は、小澤は天才的な絵付けをするカズマに嫉妬していたと答える。二人はよく喧嘩をしていたと言う。カズマがいなくなり、工房はつぶれかけたが、小澤がコツコツと盛り返してきたと話す。

そこに、糸村が現れ、ブローチを見せ小澤の作品か尋ねるが、店主はデザインが中途半端なので、小澤の作品とは違うと答える。

すると、科捜研の村木から電話が入り、糸村と神崎は科捜研に向かう。

村木は、京焼、清水焼に使われている土は、佐賀、愛知、岐阜、韓国から取り寄せている。地元京都では、焼きもとに適した土が取れないためだった。

ブローチに使われていた土は、有田などの品質と変わらず、どの土とも異なっていた。つまり、土の出所が分からないのだった。

そこに、犯行現場の土から、線香の燃えカスが検出された。志津子の衣類からも同じ線香が検出されたと言う。

殺害された場所で、志津子は線香を炊いていたのだった。神崎は犯行現場にカズマの死体が埋まっているかもと現場に急ぐ。

一方、佐倉たちはモデルルームにいた岩田を訪ねる。今回の事件がフランセットホテルズの本社の耳に入り、交渉は流れてしまった。佐倉は、それで、この部屋をキャンセルされて名残惜しんでるんだぁと言う。

岩田は賄賂の見返りに、このモデルルームを貰う予定だった。志津子が殺害された日、岩田は一人会社で資料の整理をしていたと言うが、証明する人はいなかった。

糸村と神崎は、現場の森でカズマの遺体を探すため、土を掘り起こしていた。そこに、陶器のかけらを見つけるが、結局、死体は見つからなかった。

志津子は森の売却にカイヒン建設と23億円での売買契約を交わしていた。カイヒン建設の本社は神戸だった。

事件の当日に志津子は、3000万の大金を引き落としていたが、何に使用されたか分からずにいた。

工房で、糸村は達也にブローチだったと説明し、同じような物が森から発見されたことを伝えるが、達也は興味がなかった。糸村は、これは志津子にとって意味があるものではないかと思うと言うが、達也は「京都の土地を食い物にする亡者、欲しい物を手に入れるなら何でもする鬼女と世間に噂されている通りの人なんだ」

そして、達也は、あの人は僕が小さい頃から、自分の思いを押し付けてくる人だったんだと、志津子を強く非難する。

そうですか・・・帰ろうとする糸村は、産地が書かれた土の袋の中に、ひとつだけ、産地のない袋を見つける。達也は、小澤が土を仕入れてくるが、どこから仕入れているかは教えてくれない。きっと、他の工房に知られるのが嫌なんでしょう、と答える。

糸村は、その土を科捜研に調べてもらうと、遺留品の陶器と土の成分が一緒と判明した。また、熊の糞と山葡萄の種も含まれていた。

茅戸神社に来た糸山は、神崎と一緒に土を探す。熊の糞をみつけた糸村は、その近くの土から陶器のかけらを見つける。陶器のパーツを組み合わせると家だった。さらに、人骨も見つかる。

工房に来た糸村と神崎は、小澤に茅戸山の山中から掘り出していた土の中から、人骨が見つかったことを告げる。DNAの結果、カズマの人骨だった。

遺体を埋めたのはあなたですね。と尋ねる神崎に、小澤は何も知らないと答えるが、遺骨が発見された場所から、毛髪が発見され小澤の毛髪と判定された。

取調室で小澤は、一昨年のお盆休みに工房に立ち寄ったらカズマがいた。カズマは、茅戸山であの土を発見したのだった。工房で作業するカズマを見た小澤は、昔のカズマの顔になっていて、こいつはまだ陶芸を捨てていないと期待した。

しかし、カズマが作ったのは、陶器で作られた家のパズルだった。小澤はカズマの腕が落ちたことに落胆し、カズマを殴る。倒れたカズマは打ち所が悪く亡くなってしまった。

糸村は、最初にカズマを埋めた場所は、神無森だったのではないかと尋ねる。小澤は、自分の目の届くところに埋めようと思ったんだ、と答える。

茅戸山に埋めかえたのは、志津子が森を売却するから立ち退くよう言われ、小澤は志津子にカズマの遺体が埋まっていることを告げる。もし骨が見つかれば、会社の信用も失うぞと脅したが、逆に志津子から、骨を掘り返して、あなたを訴えてやると言われたため、茅戸山へ埋めかえたのだった。

神崎は、本当は志津子から警察に通報すると言われて、その場で殺害したのでは?と言い、そこに、小澤の自宅からは殺害に使われた凶器がみつかったと報告が入る。

小澤は、殺害された日に志津子からあの場所に来るように言われて、行ったら既に殺されていた。線香を炊いていたのを知り、カズマのことを疑われるのを恐れた小澤は、線香燃えカスを集めているとき、凶器に触れてしまい、一緒に持って帰ったのだと説明する。

糸村は小澤に「なぜ、志津子は陶器をブローチにして持ち歩いていたのか?」と尋ねる。カズマが焼いた最後の焼き物だと渡したとき、志津子は「なつかしい」とつぶやいたと言う。

志津子の家で捜索していた糸村は、一枚の写真を見つける。また、配達員から司法書士事務所からの書留を受取る。

凶器のナイフには小澤以外の指紋も付着していた。佐倉は、凶器のナイフを眺めながら、モデルルームのパンフレットに載っていたナイフと同じことに気づく。

モデルルームの防犯カメラには、事件当日岩田と岩田の彼女(同僚)が映っていた。

取調室で岩田の彼女は、事件当日、岩田からフランセットホテルズとの取引が、社長によってキャンセルされたことを知り、マンションを貰えなくなってしまった。志津子が死ねば再契約できるかもと、どうしてもあのマンションを手放したくなかった岩田の彼女は、志津子を殺害したのだった。

桧山は、結城に志津子の部下が賄賂を貰っているという情報を流したのは、捜査の目をそっちに向けさせるためじゃないのか?神無山を買収したのは、カイヒン建設で今まで一度も取引のなかった会社で、その会社の本社は神戸。結城の地盤だった。志津子とカイヒン建設を結びつけたのはお前だったんじゃないか?と問う。

結城はとぼけるが、桧山は二度となめたマネをするなよと言って電話を切る。

一方、達也は工房の片づけをしていた。そして、志津子の件で迷惑をかけたと自分が陶芸を続けるわけにはいかないと、陶芸家をやめることを伝える。

3分だけでいいんです。時間を貰えませんかと糸村は言う。

糸村、神崎、達也は茅戸山に移動する。糸村は、このブローチに見覚えがないと言っていたが、これならどうかとパーツを組み合わせると家の形になる。そして、志津子の家にあった写真を見せる。

そこには、達也が幼い頃に三人で撮った写真だった。写真の達也は陶器で作られた絵のパズルを持っていた。

それをカズマが再現して作成したのだった。

二年前、小澤の工房で達也の作品を見たカズマは、このころの事を思い出して作った。そして、この作品を見た志津子は、もう一度やり直そうとしているカズマの気持ちに気づいた。

だったら、なぜ、工房のある森を売り払ったのか、結局あの人はお金を優先したんじゃないか!と言う達也に、神崎は志津子の父について話をする。

東条エステートの先代の社長はとても人が良く、騙されやすい人だったため、そのせいで会社は倒産しかけたことがあり、社員は路頭に迷う寸前だった。だから、志津子は、金の亡者だとかげ口を叩かれようが、社員たちの生活を守るために仕事に向き合ってきた。

そんな話、理解しようとするのは無理だ、と母は、実際に僕や父さんの思いが詰まったあの工房を潰そうとしていたのだから!と達也は言う。

糸村は、お母さんはあなたから工房も陶芸も奪うつもりはなかった。糸村は茅戸山の権利書を達也にみせる。そして、現金3000万円で茅戸山を買取っていた。また、山のふもとの空き家も。家主にはいずれ陶芸の工房にするもりだと話していた。

茅戸山の土を見つけたのはカズマだった。カズマは亡くなってしまったが、土という希望を残した。お母さんはその希望をあなたに渡したかったんです。そして、いつの日かバラバラになってしまったパズルのように一つになることを願っていた。

かあさん・・・と写真を見ながら涙する達也だった

遺留捜査見逃しちゃったという方に…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『遺留捜査』動画でおさらいしてみる。

『遺留捜査4』 5話ネタバレ キャスト

『遺留捜査4』 5話ネタバレ キャスト

東條志津子(多岐川裕美)
不動産ブローカーで、“鬼女”とよばれている

岩田直人(伊東孝明)
売却先をめぐって志津子と対立

東條達也(山中崇)
志津子の息子

小澤康夫(河西健司)
志津子から立ち退きを迫られていた

キャスト

糸村 聡:上川隆也
鋭い鑑識眼とこだわりで、現場に残された遺留品から事件を追求。マイペースで煙たがられることも。

神崎 莉緒(32歳):栗山千明
鋭い勘を持つも上司と衝突してばかり。

佐倉 路花(50歳):戸田恵子
京都出身。世渡りや人間観察に長けている。

雨宮 宏(36歳):永井 大
身体能力が高く、論理的な捜査も得意。

村木 繁:甲本雅裕
糸村とは腐れ縁。あきれつつも鑑定依頼に応じる。

桧山 亘:段田安則
常に冷静沈着で人心掌握術に長けている。

『遺留捜査4』5話を無料視聴する方法!

『遺留捜査4』5話の動画フルが見れるのはU-NEXTだけ!!

『遺留捜査4』5話動画フルを見るなら何でもそろっているU-NEXTで見ることをおすすめします。

U-NEXTでは今なら31日間無料トライアルを実施中!

『遺留捜査4』5話だけでなく、『ごめん、愛してる』など話題の国内のドラマも見ることができます。

31日間トライアルで見る

私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした

U-NEXTの動画配信数は12万!!

海外ドラマ以外にも国内ドラマや韓国ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録しておくことをおすすめします。

U-NEXTで配信されている国内のドラマには、坂口健太郎が出演している『コウノトリ』も見放題なので、チェックしてみてください。

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、安全な方法で視聴することをおすすめします。

『遺留捜査4』 5話ネタバレのみどころ 人気の秘訣はなに?

『遺留捜査4』のみどころは、事件の背景を現場に残った遺留品からその真相にたどり着くところだ。

2011年4月クールの水曜21時枠に颯爽と登場し、最高視聴率17.0%を記録

その後、視聴者からの熱い要望に応え、東京の月島を舞台に第2シーズンを木曜ドラマ枠(木曜21時、2012年7月クール)で最高視聴率13.7%

続く、第3シーズンは再び水曜21時枠(2013年4月クール)で放送され、最高視聴率14.6%をマークしている。

その後は、スペシャルドラマとして日曜エンタ枠(日曜21時)で3作、土曜21時枠で1作が放送され、毎回、反響を巻き起こしてきた。

そして、この7月からは、『科捜研の女』『京都地検の女』など、人気シリーズを数多く輩出している、木曜ミステリー枠(木曜20時)に満を持して登場しており、これでテレビ朝日の“ゴールデンタイム”のドラマ枠全てに登場したことになる。

甲本は「京都には凄い“科捜研の方”(『科捜研の女』=沢口靖子)がいるじゃないですか!」というほど木曜20時は、激戦タイムである。

そんな中、『遺留捜査4』の視聴率は1話が13.1%、2話が8.8%、3話が10.9%と平均視聴率10%を超えている。

風変わりな刑事・糸村が、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁していく。
涙あり、笑いあり、切なくなる新しい刑事ドラマが人気の秘訣だ!

遺留捜査見逃しちゃったという方に…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『遺留捜査』動画でおさらいしてみる。

『遺留捜査4』 5話動画 感想

『遺留捜査4』 5話動画 感想

『遺留捜査4』 5話動画 放送日

『遺留捜査4』 5話 2017年8月10日 20:00~

遺留捜査見逃しちゃったという方に…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『遺留捜査』動画でおさらいしてみる。

遺留捜査の第4シリーズのキャストやあらすじが公開され、2017年07月13日(木) 20時00分から第4シリーズ…

『遺留捜査4』1話のあらすじや相関図よりドラマのネタバレが明らかになった。1話は…

『遺留捜査4』2話のあらすじネタバレを公開!1話では“糸村らしさ”健在で最高視聴率15%で好スタートとなった…

『遺留捜査4』 3話のキャストには袴田吉彦が登場する。今回のあらすじは”やじろべえ人形”に疑問を抱く糸村…

『遺留捜査4』4話のネタバレを公開。キャストには団時朗が登場する。今回は、強盗が手に握っていた…

『遺留捜査4』6話ネタバレを紹介。6話のキャストは科捜研の村木が関わっている。所轄署の警察官(岩松了)が殺害され妻の真由美(国生さゆり)…

『遺留捜査4』7話ネタバレを公開!今回のキャストは、ホームレスとなり河川敷で暮らしていた、かつての有名小説家・尾上(小林隆)が何者かに…

『遺留捜査4』8話ネタバレを公開!今回のキャストは、イベント制作会社社長・柴田亜弓(小沢真珠)の絞殺死体が見つかり、糸村(上川隆也)は右足のハイヒール…

遺留捜査見逃しちゃったという方に…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『遺留捜査』動画でおさらいしてみる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする