「ナラタージュ」あらすじ・ネタバレ!究極の恋の結末は!?有村架純の体当たりの演技で望む

「ナラタージュ」が10月7日に公開される。小説のあらすじ・ネタバレそして・・究極の恋の結末を紹介。高校教師と生徒として出会ったふたりが、決して許されはしない究極の恋に落ちる。その結末はどうなるのだろうか?

「ナラタージュ」あらすじ ネタバレの前に・・・

「ナラタージュ」あらすじ ネタバレを聞きたくない方はここまででストップしてください。

2006年版「この恋愛小説がすごい!」第1位に輝いた島本理生の恋愛小説「ナタラージュ」
高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会したあと、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り合えない究極の恋に落ちる・・・。

恋愛の痛みと、それに勝る幸せを余すことなく描く、大人のための恋愛映画がこの秋、登場いたします。

監督を務めるのは、恋愛映画の名手・行定勲(「世界の中心で、愛をさけぶ」)

原作の発売から10年あまり映画化企画を温め続け、この度、満を持してこの映画化となりました。

行定監督の元には、監督曰く「10年待った甲斐があった」と言わしめる理想的なキャストが集結。

主人公の演劇部顧問を務める高校生教師・葉山貴司(はやまたかし)役には、「陽だまりの彼女」以来4年ぶりの映画主演となる嵐の松本潤

ドラマや映画でこれまで見せてきた、情熱的な性ねにゃくとは一線を画した、自身に十字架を背負わせながら許されない恋に悩みつつも募る想いに抗えない大人の男を演じる。

そして、葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉(くどういずみ)役には「映画 ビリギャル」で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を受賞、現在放送中のNKH連続テレビ小説「ひよっこ」の主演を務める国民的女優・有村架純

身も心もさらけだし、一生一度のすべてを捧げてもいいと思える恋をする女子大学生に体当たりで演技で挑む。

また、泉を想う大学生・小野怜二(おのれいじ)役には、坂口健太郎。NKH連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で一気に人気を集め、映画「君と100回目の恋」の主演や、「東京タラレバ娘」、「ごめん、愛してる」と話題のドラマへの出演が続く坂口健太郎が、葉山への嫉妬のあまり自分自身を押さえられない大学生を演じ、いまだかつて見たことのない顔を覗かせる役を演じ切っています。

さらに脇を固めるのは、ドラマ「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」や映画「合葬」の主演を務めた若手実力派の瀬戸康史。社会人となった泉の後輩役で、現代パートのキーパーソンとなります。

また、葉山の妻役には、映画「シン・ゴジラ」の市川実日子。

葉山の演劇部の生徒には、大西礼芳、古舘佑太郎、神岡実希、駒木根隆介、金子大地のフレッシュな面々が出演する。

脚本を担う堀泉杏は、原作の持つ世界観を大切にしながらも大胆な解釈を加え、ラストはオリジナルのストーリーを選択。

二人の恋の結末を温かく希望を感じさせるラストシーンへと昇華させている。

孤独な泉を救った教師・葉山。そして、葉山もまた、泉に救われていた。

「わたしには、あなたでした。」とお想い合う二人が、どうしようもない運命だと知ってなお不器用に恋を貫こうとする姿は、誰もが心に秘める一生に一度の純愛を呼び覚ます。

エンドロールで、観たものに一番好きだった人を想いださせる。
忘れられない恋を経験したすべての人々の心を揺さぶる。2017年必見の大人のラブストーリだ。

「ナラタージュ」あらすじ ネタバレ 予告

「ナラタージュ」あらすじ ネタバレ 予告

お願いだから私を壊して、帰れないところまで連れていって見捨てて、あなたにはそうする義務がある―

大学二年の春、母校の演劇部顧問で、思いを寄せていた葉山先生から電話がかかってきた。泉はときめきと同時に、卒業前のある出来事を思い出す。後輩たちの舞台に客演を頼まれた彼女は、先生への思いを再認識する。そして彼の中にも、消せない炎がまぎれもなくあることを知った泉は―。

早熟の天才少女小説家、若き日の絶唱ともいえる恋愛文学。

「ナラタージュ」あらすじ ネタバレ・結末あり

「ナラタージュ」あらすじ ※ネタバレ・結末があるため注意

まだ少し風の冷たい春の夜、主人公・工藤泉(有村架純)は、婚約者と一緒に新居を見に行った。

帰り道で「ずっと、川のそばに住みたかったの」と告げた。男性は「君は今でも俺と一緒にいるときに、あの人のことを思い出しているのか」と尋ねた・・・。

それは、泉(有村架純)が大学2年生だった春、父親のドイツへの転勤をきっかけに一人暮らしを始めたころ、高校の時の演劇部の顧問だった葉山貴司から1本の電話がかかってきた。

演劇部の部員がわずか3人になってしまったため、演劇部では部員が足りず、客演として参加してほしいとのことだった。

久しぶりに聞く葉山の声に、卒業式の日のキスを思い出す。

葉山は泉が高校3年生の時に赴任してきた世界史の教師だった。葉山は泉が所属していた演劇部に顧問になり、クラスで孤立していた泉を救い、いつしか、ふたりは一緒に過ごすことが多くなった。

泉は、卒業式の少し前、告白するつもりで葉山に「葉山先生には恋人がいますか」と尋ねた。葉山は、長い沈黙の末、「僕は誰よりも君を信用している」と告げた、葉山が抱えている罪を話す。

母子家庭で育った葉山は、同じく教師だった恋人と結婚し、葉山が無理に母親との同居を勧めたこと、母親と妻の仲が険悪になっていったこと、そして、自分は妻の味方になれなかった。

そして、結婚して1年ほどたったとき、妻が母親が一人で留守番をしていた自宅に火をつけようとしたところを逮捕されたと警察から連絡が入る。

裁判では、妻が精神不安定だったことや葉山がなんの助けもしなかったことなどを証言し、妻は2年の執行猶予がついた。その後心のバランスを崩した妻は、葉山と別れて北海道の実家で暮らしている。と告げる。

泉は「私ではあなたの力にはなれませんか」と尋ねるが、葉山は首を横に振った。

卒業式の日、泉と葉山はキスをするが、葉山は「ごめん」と口にして教室を出て行った。
泉は、今でも葉山に渡そうと思っていた手紙を手帳に挟んでいるのだった。

こうして泉は卒業生として、高校演劇部の芝居に参加することになった。
泉の他に、泉の親友の山田志緒、志緒の彼氏でもある黒川博文。そして、黒川に誘われ、小野も演劇部の卒業公演に参加する。

高校3年生の塚本柚子、新堂慶、金田伊織。そして、顧問の葉山先生は、夏休み明けの本番に向けて、毎週土曜日に集まって練習することになった。

練習が終わった後、泉、志緒、黒川、小野の4人で集まって遊ぶようになった。
飲みに行ったり、小野の家に遊びにいったり、小野君の実家を訪ねて長野に行ったり。

泉は小野から、小野の大学の友人の舞台に誘われ、ふたりで見に行く。その帰りに小野から交際を申し込むが、いまだに葉山先生への想いを断ち切れない泉は断る。

泉は練習日の土曜日に高校に行くと誰もいなかった。葉山が体調不良のため練習が休みになったと知らされた泉は、すぐに、「体調不良なんて嘘だ」と思った。

泉は葉山の家に向かったが不在だった。翌日も泉は葉山を探す、しかし、見つからず諦めかけた時、最終バスが過ぎたターミナルのベンチに葉山が一人座っていた。

泉に気づいた葉山は、義父と会っていたことを話す。そして、「僕は3年間、あの事件のことだけを考えていた。でも、今でもどうすればいいかわからないんだ」と言う。

泉は「私になにかできることはありますか。なんでもします」と告げる。葉山は「僕が一緒に死んでくれと言ったら」と口にすると、泉は「一緒に死にます」と答えた。

泉は葉山に寄り添い、自宅まで一緒に行った。泉は自分自身を抑えきれず、葉山先生にキスをする。もう今の距離に耐えられない・・・

しかし、泉は葉山の家で違和感を覚える。「葉山先生、正直に答えてください。この部屋、なんだか女の人の趣味で選んだような物が多くありませんか」と尋ねる。

葉山は「妻のなんだよ」と答える。泉は「けど、別れたのにどうしてまだ奥さんの物がこんなに・・」と問い詰める泉に、葉山は小さな声で「本当は別れていないんだ」と告げる。

葉山は、妻とは本当は籍を抜いておらず、別れることもやり直すこともできないでいることを告白した。

泉は今まで信じてきたものは一体だったのかと怒りが込み上げてくる。そして、泉は、ずるいです。そんなのずるいですよ!

「嘘をつかれているなんて微塵も思わずに、それどころかあなたの苦しみを少しでも共有しているとさえ思っていた。馬鹿みたいじゃないですか。なにも知らずに、分かっているつもりでいたなんて」と葉山を責める。

ふたりは別々に寝る。そして、翌日、泉と葉山は美術館などを巡り、高校時代、生きるのをやめようと思った日や、葉山先生に助けられた時のことを思い出していた。

そして、泉は「葉山先生、昨夜からずっと考えていました。あなたを追うのはやめようって。もう、こういうふうに会うのも最後にします。」と葉山に言う。

葉山も「僕も同じことを考えていた。僕には君を幸せにできないから。今までありがとう。楽しかった」と告げる。

夏休みが終わり、演劇部の発表会も終わり、打ち上げに参加しない泉と小野は一緒に帰ることにした。帰り道、小野から「また長野に遊びに来ない?意味なんて持たなくていいから」と誘われる。

長野にある小野の実家に行き、数日間泉は小野と一緒に過ごす。小野といる安らぎに安心感を覚える。

長野から東京へ戻る日。小野は泉に「俺と付き合ってください」と告白する。

「あなたが俺のこと特別に好きじゃないことはわかってる。それでもかまわないし、前に好きだった相手を忘れてなくてもいいんだ。一緒に過ごして楽しかったから。だから、俺と付き合ってほしいんだよ」と告げ、ふたりは付き合うことになる。

小野は忙しく、泉と会えない日も合ったが、それでも予定をあわせて一緒に出掛けたり、小野の部屋に泊まるようになった。

小野が寝ている間に、葉山から携帯に電話があったが、小野と付き合っていると告げるとすぐに話を終えた。

しかし、小野は「ちょっと携帯電話を見せてくれる?」、「いきなりあの先生からそんなふうに連絡があって、動揺したのかって訊いているんだよ」などと泉を責め始め、体を求めた。

小野は嫉妬で精神状態が不安定になっていったのだった。

泉を束縛しようとしたり、急に不安になって謝ったり。とうとう、泉が嫌がっているのに、無理やり体を要求したりもした。

「小野君、つけてない!」

「たまには大丈夫だよ」。

泉は小野が体を求めると、いいやと思って、体中の力を抜いて考えることをやめた。
高校に通っていた頃の一番頼りにしていた葉山の姿が思い浮かんだ。

夜、泉が誰かにあとを付けられることがあり、泉は目に入った電話ボックスに駆け込み、小野に電話を掛けた。

小野は「もしも俺が迎えに行くって言ったら、もっと俺のことを好きになってくれる?」と告げた。

泉は一瞬、何を言われたのかが理解できなかった。小野は「目の届く場所に、あんなものを置いておくなよ」とも言い、泉は、小野に葉山への手紙と葉山と写した写真を入れている手帳を見られたことを知った。
小野は「付き合ってるんだから見たってかまわないだろう」と平然と答えた。

受話器を置いた泉は、恐怖を感じる気力もなく、残っていたかすかな余力で葉山のアパートへ向かった。

葉山は「ごめんなさい。来たらいけないってわかってたのに、ごめんなさい」と泣きながら話す泉を部屋に入れる。

葉山は、いまでも泉の事を想っていることを話すと、泉は「私が別れを告げた時も、小野君と付き合ってるって言った時もあなたは平気そうにしていていた」と言う。

感情的になった葉山は「平気なわけないだろうっ!」と声を荒げ、

「僕は、小野君といた方が幸せになれると思った。君が幸せなら僕の独占欲なんてどうでもいい」

そして、「仕方ないんだ。僕は君の求めるものをなに一つ与えることが」と口にしたとき、泉は頭に血がのぼり、葉山に感情をぶつける。

泉は、葉山に、「私を苦しめているものがあるとしたら、それはあなたがいつまで経っても同じ場所から出ようとしないことです」と泣いた。

泉は家から出て、それから手帳に挟んでいた葉山先生への手紙と、葉山先生と一緒に写った写真を破いた。

夜中に葉山から電話があり、高校の演劇部の塚本柚子が歩道橋から飛び自殺を図った。
病院に向かうと葉山や演劇部の新堂慶、金田伊織たちが集まっていた。

柚子の様態は絶望的で、葉山は生徒たちにいったん家に帰るように促し、小野と泉も帰ることにした。泉が病院の廊下で振り向き、葉山は淋しそうな後姿をしていた。。

帰り道、泉は小野に、「私、葉山先生のところに戻る。本当にごめんなさい」そして、もう一緒にはいられないと告げた。

小野は「本当に悪いと思ってるなら、今すぐこの場に手をついて謝れよ」と詰め寄った。泉は地面にしゃがみこんで、落ち葉に顔をうずめて何度も土下座をして、ごめんなさいと繰り返した。

「なにもいらないんだよ。ただ泉が一緒にいてくれればいいんだ」と必死に引き留める小野に
「一緒なんだよ。小野君がそう言ってくれるのと同じ気持ちで、私は葉山先生を見てる」と言い、葉山の元へと向かう。

葉山は病院の駐車場の隅の車内にいた。泉に気づいた葉山は、土下座で汚れている泉の姿に驚く。そして、「そういえば君、小野君は?」と尋ねると

泉は「別れたいって言ったんです。あなたに呼ばれている気がして」と告げた。
葉山は、「本当は君にそばにいてほしかった」と言い、柚子を助けられなかった悔しさに声を出さずに泣いた。泉は、葉山の手を握り続けた。

事故から3日目の朝に柚子は亡くなった。柚子は新堂に手紙を残していた。柚子は、夜にいきなり襲われ、レイプされていた。

葉山は妻とやり直すことになったことを話した。「君をこれほど大事に思うようになってようやく、もう一度、妻を大切にできるんじゃないかと思ったんだ」という葉山の言葉を聞いて、
泉は「良かったなあ」と思い、そう思う自分を不思議がった。泉は、心の底からよかったと思った。

柚子の葬儀が終わって1週間ほど経ったころ、葉山がストレスから過敏性大腸炎で倒れて入院した。

葉山から連絡を受けた泉は病院に駆けつけ「君以外に思いつかなかったんだ。すまない」といい、部屋から着替えなどを持ってきてくれるように頼んだ。泉は葉山から必要とされて喜んだ。

葉山は「君が来てくれて安心した」と告げた。泉が「いくらでも安心してください。これからは毎日来ます」と答えると、「本当に?」と少年のような無防備な喜び方をした。

泉は「この顔だ」と思い、「この人からはなにも欲しくない。ただ与えるだけ、それでおそろしいくらいに満足なのだ」と実感した。

大学が終わってから、葉山の病室で過ごす時間はとても穏やかな日々だった。

退院も間近のある日、葉山は泉に「何かお礼がしたいんだ。どこかへ行きたいとか、欲しいものがあるとか、なにかないか」と尋ねる。

泉は「それなら退院した日に葉山先生の家に泊めてもらえたら、そうしたら今度こそ本当にお別れを」と答える。

葉山は絞り出すような声で「僕は君が好きだ」と言った。泉は「私も好きです。どうしょうもないほど、あなたが好きです」と答えた。

葉山が「本当は、ずっと君のそばにいてあげたかった」と告げると、泉は「それが聞けただけでも十分です」と返した。

退院した午後、泉は葉山のマンションへ行き、葉山と体を重ねた。
夜明けに目覚めると、葉山は、泉に、父親が残して行ったという古いアンティークの懐中時計を差し出した。

泉は「もらえません」と言ったが、葉山は「いいんだ。きっとこれから、僕は変わっていく。君のおかげだ。だからもう、これは必要ないから君にあげたいんだ」と告げた。

葉山に見送られて泉は電車に乗った。泉は抑えきれない寂しさを感じて次の駅で反対側の電車に乗り込んだ。もとの駅に戻ると、まだ葉山が反対側のホームに立っていた。

泉が手を振ると、葉山も真顔で手を振り返した。ゆっくり階段に向かって歩き始めた。泉は、心の中で、さようならと唱えながらいつまでもそこにいた。それが、泉が葉山に会った最後だった。

その後、泉は大学を卒業して就職した。

懐中時計がキッカケで職場の同僚に、葉山の話をするようになり、付き合って1年後結婚することになった。

泉は偶然、葉山の友人のカメラマンの男と食事の席で出会う。カメラマンの男性は、葉山が泉と2人で写した写真を定期入れから取り出し見せてくれたことを話す。

泉は、これからも繰り返される痛みと、それに勝る幸せを想い、周囲の目も気にせず、空中を見つめたまま涙を流し続けた。

「ナラタージュ」キャスト出演の映画を無料で見る方法!

「ナラタージュ」の監督、行定勲の作品をhuluなら無料で見ることができる

『世界の中心で、愛をさけぶ』や『北の零年』を見れるのはhuluだけだ!
また、主演の有村架純や坂口健太郎などのドラマから映画まで見ることができるのだ。

huluでは、期間限定で最大2週間無料トライアルを実施中!

 2週間無料トライアル 

無料期間内に解約すれば、お金は一切かからない。

ただ、無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかわからないので、この機会に無料登録しておくことをおすすめする。

「ナラタージュ」出演の有村架純や坂口健太郎の作品紹介

「ナラタージュ」でヒロインを務めた有村架純や坂口健太郎をhuluなら見ることができる。

永遠のぼくら sea side blue

あらすじ

就職、進学、フリーター、実家の事情…人生の岐路・大学3年生の冬。夢と諦めと現実が混ざり合う、学生たちにとっては無視できないその季節。自分の意志で何も決めないまま大人 (=社会人) になろうとしていた学生と人生の決意を固めたエリート研究集団の海洋大学の学生。価値観のまったく違う彼らがひょんなことから共同作業を行うことに。一緒に過ごすうち、恋と友情、それぞれの人生が大きく動き出す…

キャスト
有村架純、山﨑賢人、浅香航大、東出昌大、窪田正孝

東京タラレバ娘

あらすじ

鎌田倫子、30歳、独身、彼氏ナシ。職業=(売れない) 脚本家。「キレイになったら、もっといい男が現れる!」「好きになれれば、結婚できる!!」そんなタラレバ言いながら、親友の香、小雪と3人で女子会ばかりやっていたが、金髪イケメン男に「タラレバ女!」と言い放たれハタと現実にブチ当たる!!

キャスト
吉高由里子、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、平岡祐太

コウノドリ (2015)

あらすじ
綾野剛、連続ドラマ単独初主演! ある時は冷静な判断力と患者にあたたかく寄り添う産婦人科医、またある時は情熱的で謎多き天才ピアニスト。2つの顔を持つミステリアスな役に綾野が挑む。原作は鈴ノ木ユウのヒューマン医療漫画。

キャスト
綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源

 2週間無料トライアル 

「ナラタージュ」あらすじ・ネタバレ まとめ

「ナラタージュ」あらすじのネタバレでは、 冒頭の回想シーンは婚約者と一緒に新居を見に行ったシーンから始まる。

“今でも呼吸するように思い出だす” という泉の一生で一度の恋愛。いっそのこと壊してほしいとまで願った気持ち。こういう想いを知ることの出来る人ばかりではないだろう。

「これからもずっと同じ痛みを繰り返し、その苦しさと引き換えに帰ることができるのだろう。あの薄暗かった雨の廊下に。」と過去の記憶は消せない。いつまでも、殻を抜け出せないのは、葉山も泉も同じなのだろうか。

そして、婚約者は既に泉の過去を知ったうえで、結婚する。

婚約者は「きっと君は、この先、誰と一緒にいても葉山のことを思い出すだろう。だったら、君といるのが自分でもいいと思ったんだ」と告げる。

彼女の未熟さを受け入れる覚悟なのだろう。冒頭と結末しか書かれない彼こそが本当の愛というものをを分かっているのだろう。恋と愛の違いを。

  2週間無料トライアル 

ナラタージュ (角川文庫) [ 島本理生 ]

「ナラタージュ」映画キャストが決定した。松本潤、有村架純、坂口健太郎ほかのキャストも決定。2005年に島本理生が発表した恋愛小説『ナラタージュ』が…

「ナラタージュ」映画試写会の大阪と富山、東京の情報を公開。試写会を当てて、公開前に先取りしよう。大阪や富山だけでなく、東京…

「ナラタージュ」 舞台挨拶の福岡、大阪の日程が公開された。福岡は10月11日、大阪は10月8日、東京は10月7日に公開記念舞台挨拶が行われる。舞台挨拶では、松本潤、有村架純、坂口健太郎と豪華キャストが登場する…

「ナラタージュ」のロケ地である富山では、とやま観光ナビでロケ地マップを配布している。ロケ地マップは、上映予定劇場でも配布されているので、ロケ地マップからナラタージュを巡ってみよう!