鈴木浩介出演のドラマ「昼顔」を旦那役俊介で徹底分析!出演映画

映画「昼顔」が2017年6月10日に公開される。大人気の鈴木浩介は映画には出演しないが、ドラマ「昼顔」で旦那役として注目を浴びている。上戸彩、斎藤工だけでなく鈴木浩介、伊藤歩など脇を固める役者の演技が評価されているのだ。テレビやネットではドラマ「昼顔」の再放送やダイジェスト版などあり、盛上りは急上昇中である。鈴木浩介が演じている俊介を中心にドラマ「昼顔」を見ていこう。

鈴木浩介ドラマ「昼顔」で旦那役 俊介(鈴木浩介)に抜擢。映画は出演なし

鈴木浩介はドラマ「昼顔」の紗和の旦那役、笹本俊介(鈴木浩介)に抜擢された。
映画には出演しないが、その存在感は今でも好評で、「もう一度みたい」「かわいい」など女性陣の支持率が高いのだった。

笹本 俊介(鈴木 浩介)38歳

家具メーカーの広報課長。紗和(上戸彩)の旦那。
究極のナルシストで、7歳下の妻を労り、会社でも愛妻家で通っている自分が好き。そんな彼には妻しか知らない秘密がある。最近、部下の長谷川美鈴(木南晴夏)がアプローチしてくるのも満更でもない。自分のことしか愛せない彼の自尊心をくすぐるからだ。だが、俊介(鈴木浩介)のそんな幸せは妻の情事によって、脆くも崩れようとしていた…。

会社の部下、長谷川美鈴(木南晴夏)に迫られたり、母・慶子には頭が上がらなかったり、日焼け止めやパックなど、美容に気をつかう美容男子。

関連記事

禁断の不倫ドラマ「昼顔」がついに映画化!あらすじと映画ネタバレで試写会の衝撃のラスト
上戸彩主演のドラマ「昼顔」の脇を固める。旦那役の鈴木浩介が涙の役者魂!演技!

鈴木浩介ドラマ「昼顔」で旦那俊介の行動は?映画を観る前に

鈴木浩介演じるドラマ「昼顔」を旦那役である、俊介(鈴木浩介)を中心に1話~最終話までまとめた

映画を観る前に、不倫された男、俊介を見ておこう。

第1話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

笹本俊介(鈴木浩介)が「昨日の家事は放火だって。住人は助かったけど、重傷だって。せっかく建てた家を燃やされるなんて」と告げると、紗和(上戸彩)は「家と言えば、向かいの新築、引っ越してきたよ。夫婦と子供が2人」と話した。

俊介は「オフクロ頼むね、6時に来るって言ってるから。何か作ってよ。あっママ先に行くよ」と言い仕事に出かけた。

ママなんて呼ばれたくありません。でも、夫は子供の居ない私を喜ばせているつもりつもりなのです。わざわざ傷つける事はありません。

大きな声では言えませんが、もし、火事になったのが自分の家だったとしても、そんなに悲しくなかったかも知れません。

泣くほど失いたくないような、大事な物なんて、何も無いような気がしたのです。不謹慎だけど、捨てられなかった物が一斉に整理できるかもって。

第2話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

笹本俊介(鈴木浩介)から「離婚したいのか?」と尋ねられた。
紗和(上戸彩)は「離婚?」と驚いて振り返ると、旦那はペットのハムスターにしゃべりかけていた。どうやら、ペットのハムスター夫婦は最近、仲が悪いらしい。

紗和が「なんだ」とあきれ、「誰が火をつけたのかな?放火したのは家族の誰かなんだって。鍵が中からかかってたんだって」と火事の話に話題を変えた。

旦那の俊介が「なんで自分の家に火をつけるの?」と不思議がると、紗和は「さぁ。他人には分からない秘密があるんじゃない?」と答えた。

俊介が「ママにも秘密があるの?」と尋ねると、紗和は「あるわけないじゃない」と答えた。

俊介は「冗談だよ」と答えて、出勤するため玄関を開けると、日差しが強かったので、「ママ、日焼け止め取って」と頼んだ。

紗和が日焼け止めを渡すと、俊介(鈴木浩介)は「これじゃなくて、SP50の方なんだけど。まぁいいや」と言い、日焼け止めを塗りながら家を出た。

——————–

フェイスパックしている俊介に紗和が「ドキッとした?私が男の人とお茶飲んでるって聞いて、ヤキモチ焼いた?」と尋ねると、俊介は「焼くわけないでしょ。100%信じてるんだから」と答えた。

紗和も布団に入って「抱いてよ。人気者を嫁にしたんだから、ちょっとは心配してよ」と言って俊介の手を握ると、俊介は咳き込んだ。

すると紗和は「クーラーに当たりすぎたのかもね」と言い、手を放して背中を向けふて寝した。

——————–

俊介が大事にしているハムスターが逃げており、俊介が必死にハムスターを探す。

紗和が「ドアが開いてたんだもん」と釈明すると、俊介が「何やってんだよ。ママはがさつなんだよ」と激怒する。

私はあなたのママじゃない。そんなにハムスターが大切なら、ハムスターと結婚しなよ。ハムスターなら、都合の良いときに可愛がれば良いだけだもんね」と激怒して家を飛び出した。

結婚して5年。初めて家を飛び出しました。行く当てなんてありません。あの人に電話をかけてみようかと思いましたが、そんな勇気はありません。ハムスターは上手く逃げたでしょうか。

——————–

第3話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

俊介(鈴木浩介)はハムスターの迷子の広告を作ったと言うと、紗和(上戸彩)は「無駄でしょう。犬じゃないんだから。それとも、私への当てつけ?心配しなくても、ハムスターは雨に濡れても風邪ひかないし、その辺のものを食べてるわよ」と怒った。

俊介が「どうしたの?」と尋ねると、紗和は「どうかしているのは、そっちでしょ。付き合いきれない」と答えた。

俊介が「ごめん、ママ」と謝ると、紗和は「止めてよ。とりあえず謝ろうなんておかしいよ。悪いと思わないなら謝らないで」と怒って寝室へと入った。

私は最低です。彼に拒絶された苛立ちを夫にぶつけました。でも、当たる相手がいて良かったと思ったのも事実です。夫婦の存在価値なんて、案外そんなものなのかもしれません。

——————–

慶子(高畑淳子)はハムスターのメスが逃げたと聞いて、新しいメスを買ってきた。

小屋の中に買ってきたメスを入れ、「新しい奥さんよ。あら、もう仲良くしている。会ったばっかりなのに。」と喜ぶと、紗和は「俊介さんも新しい奥さんの方が上手く行くかもしれませんね」と告げる。

——————–

俊介と母の笹本慶子が喫茶店で話をしているときに、紗和から電話が入る。電話を切ると慶子から、「なんだって?」と尋ねた。

俊介が「(紗和から)友達の家に一緒に行こうって」と答えると、慶子は「仲がいいじゃない。どういうこと?紗和さんから子供が出来ないって」と尋ねた。

俊介が「回りくどく言うと、誤解されるからハッキリ言うよ。俺たち・・・。やっぱり、ダメ。夫婦で解決する問題だから」と答えるのをためらうと、慶子は「あなたたち、セックスレスなのね。離婚したいの?」と尋ねる。

俊介は「俺たち、仲はいいんだよ。ただ・・・」と答えると、慶子は「目をつむって出来ないの?そういう男性だっているっていうじゃない。ボヤボヤしてたら、他の男に捕らわれるわよ」という。

——————–

第4話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

俊介(鈴木浩介)が起きると、豪勢な料理が並んでおり、俊介が驚くと、紗和は「パート先で北海道フェアをしてたから」と答えた。

紗和(上戸彩)が「ねぇ見て。今日は牛100%のハンバーグよ。精力ばっちり」と言って弁当を見せると、俊介は思わず咳き込んだ。

もう、夫がママと呼ぶのに、イラッとしませんでした。外で恋をしたら、夫に優しくできる。利佳子さん(吉瀬美智子)が言ったことは、本当でした。

——————–

俊介は以前エレベーターの中でキスをされた部下・長谷川美鈴(木南晴夏)に迫られていた。

俊介が断ると、美鈴は嘘泣きをしながら「お酒を飲むだけです。絶対に何もしませんから」と頼んだ。

俊介は、紗和に「残業になった」とメールを送り、美鈴と飲みに行くと、利佳子の旦那、滝川徹(木下ほうか)と出会い、「笹本さんも隅に置けないな」と笑われ、「私は、そんなのじゃありませんから」と慌てて否定した。

——————–

第5話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

俊介(鈴木浩介)は美鈴(木南晴夏)から「課長、応接室に来て。誰も居ないの。早く来て、キスして」というメールを受け取ったので、口をゆすいで応接室へ入ると、美鈴だけでなく滝川徹(木下ほうか)が居たので驚く。

俊介が「どうして?」と尋ねると、滝川徹は「いつもお付き合いをして頂いているお礼にと思いまして、ウチの出版社が協賛でお金を出しているんです。良い席が用意できますよ」と言い、花火大会へ招待した。

お茶を運んできた美鈴が喜ぶと、滝川徹は「こういう機会に部下にサービスしておくと良いでうしょ。私も行きますから」と言い二人は花火を見に行くことになった。

花火大会では、徹は急用ができたと言い、俊介と美鈴は二人っきりでイチャつくのだった。

——————–

第6話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

慶子(高畑淳子)は、俊介(鈴木浩介)がどうしてハムスターを大事にする訳を紗和(上戸彩)へ説明する。

俊介の両親、慶子と旦那は喧嘩ばかりだったので、仲の良い両親というのが俊介の理想だった。

慶子が旦那と喧嘩していた原因は、旦那の浮気だった。浮気相手は、取引先のOLで、慶子が旦那を尾行すると、旦那は自分に見せたことない笑顔をしていた。

悔しかった。死ぬほど悔しかった。旦那は2年で別れたようだが、旦那はしぬまでその笑顔を自分に見せることはなかった。
俊介はそんな慶子に気を遣い、子供なりに慶子を守ろうとしていたのだという。

姑の告白は衝撃的でした。姑は今でも夫の浮気に傷ついています。私の恋も、乃里子(伊藤歩)を同じように傷つけ、踏みにじっているのです。

——————–

ベットで寝ていた俊介が、「ママ」と声をかけてきたので、紗和は「起きてたんだ」と驚いた。

俊介が起き上がり、紗和にキスをしようとすると、紗和は顔をそらした。
すると、俊介は紗和の額にキスをして、「おやすみ」と言い、再び横になった。

紗和が「ホッとした?」と尋ねると、俊介は「えっ」と驚き「俺、ママのこと、大事だよ。毎日、同じパジャマを着て、隣に寝ている人に、俺は、その・・・。これって、どこの家も同じだろう。ママに愛情を感じてるって事だよ。家族になったんだよ、俺たち。それは理解して欲しいと思って」と告げると、紗和は「うん」と答えた。

——————–

第7話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

喫茶店で慶子(高畑淳子)から呼び出された俊介(鈴木浩介)は、慶子が紗和(上戸彩)に慶子の旦那の浮気の話をしたことを告げた。

俊介は自分の浮気の事かと思い焦るが、父の事だと知り安心する。

そこに喫茶店の前を通りかかった美鈴が、俊介が女性と話しているのを見掛けて喫茶店に入った。

俊介が美鈴に気づいたので、慌てて席を立ち追い返そうとした。
美鈴は「誰ですか?あの女性。奥様じゃないですよね」と尋ねると、俊介は「オフクロだよ」とあきれた。

美鈴が「なんだ。奥様だったら、挨拶しようと思ったのに」と残念がると、俊介は「ちょっと、本当に勘弁してよ」と言う。

美鈴が「遊びだったんですか」と尋ねると、俊介(鈴木浩介)は「何かしたわけじゃないし」と答える。

すると、美鈴が「エッチしてなから、潔白だって言えると思ってるんですか」と怒り、慶子の元に行き「初めましてお母様。課長にはいつもお世話になっています。これからもお支えしますから」と言って喫茶店を出た。

慶子は、俊介に浮気は絶対に許さないと、俊介を怒るのだった。

——————–

北野先生(斎藤工)と乃里子(伊藤歩)は、映画を観た帰りに乃里子から紗和が勤めているスーパーに寄って帰ろうと言い、スーパーの前でバスを降りたところ、北野先生夫婦と紗和夫婦は偶然出会う。

紗和は俊介に「こちらは乃里子さんと北野先生」と紹介する。
すると、乃里子は紗和が「北野先生」と呼んだことに疑問を感じ、「一緒にお茶をしませんか?そうだ。紗和ちゃんの家は近くだったよね」と提案する。

北野先生は「迷惑だろう」と止めるが、俊介が「良いですね」と言い、家に招くことになった。

——————–

第8話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

紗和(上戸彩)は北野先生(斎藤工)と乃里子(伊藤歩)を自宅に招くと、乃里子はリビングや寝室を見て無邪気に喜ぶ。

寝室を見ていた乃里子は、ドレッサーの中にしまってあるゴリラの縫いぐるみを見つけ、「かわいい。どうして閉まってるの」と言い、ゴリラの縫いぐるみを手にする。

俊介(鈴木浩介)が「こんなの持ってたっけ?」と不思議がると、紗和は「うん。ずいぶん前に友達にね」と答える。

動揺した北野先生が「そろそろ、失礼しようか。夕食の時間だし、仕事もあるから」と言い、乃里子を促すと「あら、もうそんな時間?」と言い、帰ろうとした。

しかし、帰りがけに乃里子は、紗羅に「そうだ。紗和さんは、どうして主人の苗字を知ってたの?私は結婚前の苗字を使ってるから、主人の苗字は知らないはずよね」と尋ねた。

紗和が動揺していると、北野先生が生徒が車上荒らしをして、逃げる時に紗和さんとともみ合いになり、ケガをさせてしまい、示談の話をしたことを説明する。

乃里子は「なんだ。だったら、なんで言ってくれなかったの?」と安心すると、紗和は「生徒さんの為に黙っておいた方が良いかなと思って」と謝った。

——————–

俊介は、道端で美鈴に「母が君の事を愛人だと思い込んじゃったじゃないか。勘違いさせたのなら、申し訳ないけど、エッチしてないから潔白とかじゃなくて、そもそも俺たち付き合ってないじゃないか」と告げる。

すると、美鈴は「付き合う気もないくせに、ずーっと、私に好きでいてほしかったの?男として自信を持つ道具にしたかった。そういうこと?せこっ!」とあきれた。

俊介は動揺すると、美鈴は「だったら、ちゃんと私を見てください。でなきゃ部長に言いますよ」といい立ち去る。

乃里子にその現場を見られていた俊介は、乃里子からお茶に誘われる。

その夜、俊介は紗和に乃里子に会った事を明かし、「利佳子さんは不倫しているみたいだな。ママの事を心配してたよ。アリバイ作りに利用されて苦しんでるんじゃないかって」と尋ねる。

さらに「昼顔妻の特集している編集長の妻が不倫か。女は怖いよな。ウチはママみたいな奥さんで良かったよ」と言う。

なぜでしょう。私を疑いもしない夫に怒りが湧きました。利佳子さんはご主人に殴られ、問い詰められたけど、私も主人の笑顔に痛みを感じました。

——————–

俊介は紗和が居ない隙に自宅をチェックし、ごみ箱に捨ててあったゴリラの縫いぐるみを見つける。

——————–

第9話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

俊介(鈴木浩介)は、乃里子(伊藤歩)から家での食事会に誘われていたため、北野先生(斎藤工)のマンションを訪れたが、不在だったため、帰ろうとしたとき警察から帰宅した北野夫妻に出会う。

俊介が「たしか、7時のお約束ですよね。紗和(上戸彩)が買い物に出かけたきり、戻ってこないもので、先にこちらにお伺いしているかと思いまして」と話すと、北野先生は「申し訳ありません。我々に急用が入ったので、食事は中止にさせて頂きました」と謝罪した。

俊介は「そうですか。紗和は知っていますか?」と尋ねると、乃里子(伊藤歩)は「もちろんです。紗和さんと一緒でしたから。あなたも気の毒な方ね。後で、紗和さんから詳しくお聞きになってください」と答えて立ち去る。

俊介は驚いて「奥さんはどうかされましたか?」と尋ねると、北野先生は「申し訳ありません」と頭を下げ、立ち去った。

——————–

利佳子が紗和の家で、紗和から話を聞いていると、俊介が戻ってきた。
すると、俊介は利佳子(吉瀬美智子)に「もう紗和とは付き合わないでください」と告げる。

紗和は「何言っているの?この間の乃里子さんの話は間違いで」と釈明するが、俊介は「俺は、そうは思わない。ママは利佳子さんと出会って変わった」と答える。

利佳子が出ていくと、追いかけようとする紗和に俊介は呼び止め、「俺、ママが先に行ったと思って、北野さんの家に行ったんだ。乃里子さんに言われた。『あなたも気の毒な人ね』って」と言う。

紗和が告白しようとすると、俊介は「ママが悪いんだぞ。ちゃんと連絡をくれないから、あたふたしてバカにされたじゃないか」と笑い、チャーハンを作り始める。

夫は私が告白するのを封じました。私との生活を守りたかったのでしょう。それとも聞きたくないことに耳を塞ぎたいのでしょうか。心の中はこんなに変わってしまったのに、いつも全く同じように夜は更けました。

——————–

紗和が玄関のドアを開けようとすると、美鈴に声をかけられる。

美鈴は紗和に「ご主人をください。お姑さんからお聞きになってますよね。私、課長が好きなんです。課長は意気地なしだし、私も最初は暇つぶしだったんです。でもいつも真に受けてオタオタする部長が本気で可愛くなってきたんです。それに奥様不倫されていますよね」と告げる。

紗和は「なにそれ」とあきれると、美鈴は「とにかく、課長と早く分かれてください。私は奥様と違って、結婚したら不倫なんてしません」と言い、立ち去った。

——————–

紗和は帰宅した俊介に、美鈴の件を姑の慶子に聞かれたことを話す。

俊介は紗和に「長谷川君は思い込みが激しい子でさ。俺がちょっと疲れた顔をしたら『奥さんが不倫したんですね』って言いだしたんだよ。俺は何とも思ってないし、ママのことも信じているよ。しかし、オフクロに聞かれちゃったてのは厄介だよな。あっ俺、今から行って誤解を解いてくる」と言って席を立ちあがった。

すると、紗和は「待って。誤解じゃないの。気づいていたんでしょ?私、他の男の人を好きになってしまいました。」と告白する。

俊介は「止めろ。くだらない冗談はやめろ」と声を荒げた。

紗和は「冗談じゃないの」と告げると俊介は大声で「森のくまさん」を歌い、紗和の話を遮るのだった。

歌い終わった俊介は「なんで言うんだよ。せっかく見ないようにしているのに」と言うと、紗和は「ごめんなさい。私も・・・」と打ち明けようとすると

俊介は涙を流しながら「黙れ。ママはさ、平凡だけど、可愛い奥さんじゃないか。ちゃんと家事もやってくれるし、毎日、パートで一一生懸命働いて、子供はいないけど一緒にテレビを見て笑うし、誰がどう見ても仲のいい夫婦だ。このまま、ハムスケたちと一緒に穏やかに年を取っていこうよ」と話す。

しかし、紗和は「嘘よ。そんなの私じゃない。ごめんなさい」と言って自宅をドび出した。

——————–

第10話 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

慶子(高畑淳子)が家に尋ねると「どこ行ったの、紗和(上戸彩)さん?」と尋ねると、俊介(鈴木浩介)は「友達と旅行。どこだっけ?」と答える。

自宅の固定電話がなり、俊介が慌てて電話に出ると、乃里子(伊藤歩)だった。
乃里子は「紗和さん居ますか?やっぱりそうですか。夕べから、主人も居ないんです。お気づきだったんでしょ?二人が不倫関係だって。失礼ですけど、ご主人のせいですよ。探して下さい。探して二人を引き離して下さい。主人をウチへ連れ戻してよ!」と激怒した。

——————–

弁当を食べようとした俊介が「どこだよ。どこ行っちゃったんだよ」と言いながら、醤油を探していると、玄関のドアが開く音がしたので「ママ?」と慌てて玄関へ向かったが、玄関に立っていたのは部下の美鈴だった。

美鈴は「課長、滅多に休まないのに、1週間も有給を取ったっていうから、心配になっちゃって」と言い部屋に上がると、荒れた部屋を見て「へぇ。奥さん、出て行っちゃったんですね」と喜んだ。

俊介が「帰ってくれよ。君が女房を問い詰めたせいで色々あったんだ」と告げると「問い詰められた理由を作った方が悪いんじゃないですか」と答える。

さらに「課長、かわいそう。こうしている間にも奥さんは不倫相手とよろしくやっているかもしれないんでしょ」と言うのだった。

——————–

家事を終えた美鈴は「じゃぁ帰りますね。会社を抜けてきたので。明日も寄りますね。」と告げると、俊介は「ありがとう。何で僕に親切にしてくれるの?」と尋ねる。

美鈴は「課長、素敵じゃないですか。仕事はできるし。だけど、仕事を離れると、見栄を張らずに素顔を見せてくれる。そこが素敵じゃないですか」と答える。

俊介は美鈴を後ろから抱きしめて、「もう一度、素敵と言ってくれ」と頼む。
美鈴は「素敵ですよ。課長は」と言うと、俊介は美鈴にキスをした。

——————–

俊介は部屋に美鈴を連れ込んでいると、慶子が入ってきた。
慶子は美鈴の格好を見て驚き、俊介を叱責する。

俊介は「ほっとけよ。もうどうでもいいだよ。仕事もどうでもいいし、好きでもない女とでもやるんだ」と吐き捨てる。

それを聞いた美鈴は「最低。出来なかったくせに」と激怒し、部屋を出て行った。

慶子が「まだわからないの?アンタがそんなだから、嫁に裏切られるのよ」と言うと俊介は「うるせえな、ババア。どうせ、俺は女房を寝取られたクズ男だ。旦那を寝取られたアンタの息子だから仕方ないよ」と吐き捨てる。

——————–

俊介の元に北野先生(斎藤工)が訪れ謝罪をする。
俊介は背を向けたまま「紗和はどこに居るんですか?よく分からないんだ、アンタの話」と答えると北野先生は「紗和さんと一緒にならせてください」と頭を下げる。

俊介は「順序が違うだろ。こういう話は、まず、夫婦間で話し合うべきだろ。真っ先に不倫相手が乗り込んでくるなんて、おこがましいにも程がある」と告げる。

北野先生は、「申し訳ありません。私も妻とよく話し合います」と答える。
俊介は「アンタの奥さんは納得するかね。それに私だって、紗和と別れるつもりは全くありません。離婚届けが何通届こうが、破り捨てるつもりです」と答える。

北野先生は「無理は承知です。分かったうえで」と答えると
俊介(鈴木浩介)は立ち上がり「バカにするのもいい加減にしろ。紗和はどこに居るんだよ」と激怒する。

北野先生は「お願いします。紗和さんが必要なんです」と土下座すると、俊介は「出て行ってくれ、出ていけ」と何度も叫びながら北野先生を追い出した。

——————–

最終回 鈴木浩介ドラマ「昼顔」 映画を観る前に

紗和(上戸彩)と北野先生(斎藤工)が居る別荘に2台の車が停まった。
北野先生が車に気づいて外を見ると、車から俊介(鈴木浩介)と慶子(高畑淳子)が出てきた。

北野先生は紗和を起こして、別荘から逃げ出そうとすると、玄関の前に停まった車から、乃里子(伊藤歩)と乃里子の父親が出てきた。

別荘は修羅場となり、紗和は「ごめんなさい、ごめんなさい」と何度も叫んだが、二人は無理やり引き離されたのだった。

——————–

俊介は飲み会でベロベロに酔っ払い美鈴に連れられて帰ってきた。
紗和が玄関に倒れこんだ俊介を起こそうとすると、俊介は紗和の手を払いのける。

それを見た美鈴は、俊介を寝室まで連れて行き、紗和に「奥様、大変な旅行だったんですってね」と笑った。

そして、「私、もういいです。課長がマジで離婚しようとしているので、なんか急に冷めちゃった。」と告げる。

——————–

北野先生側と紗和側の家族が弁護士事務所にそろい、話し合った。

乃里子は「わたしからの要求は一つです。旦那と紗和さんは絶対に会わない。電話もメールも一切とらない。笹本さんも同じお立場なので、慰謝料は相殺してはどうでしょうか」と提案する。

俊介は「結構です。私も色々と考えた結果、離婚は選ばないことにしました」と承諾した。

——————–

紗和は、ベランダに靴を置き、靴紐に火をつけ、部屋のごみ箱に投げ捨てた。火はゴミに燃え移り、大きな炎となった。

火事は直ぐに消し止められ、警察で事情聴取を受けた紗和は「私が火をつけました」と告白したが、俊介が「掃除中の失火」と証言したため、罪に問われなかった。

紗和が肩を落として取調室を出ると、俊介が待っていた。

俊介は紗和に「ママ、離婚しよう。僕はママと穏やかに無理することなく、生きていきたかったんだ。それが結婚だと思っていた。でも、ママが僕に求めていたものは違ったんだな。ママはもっと・・・。紗和、悲しいよな。なんで一番側に居る人の気持ちが分からないんだろうな。ああ、そうだ、火事のせいかどうか分からないけど、ハムミが戻ってきたよ。あいつ、バカだよな、遅いよな」と話した。

ドラマ「昼顔」をもう一度見たい方は、FOD(フジテレビ)で視聴することができる。フジテレビ作品においては、FODがかなりのラインナップ。

「ライアーゲーム」、「昼顔」、今放送中の「人は見た目が100パーセント」も見ることができる。

見放題なのは「FODプレミアム」だけ。期間限定最大1ヶ月無料なので、試したい方はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

鈴木浩介を映画「昼顔」が公開する前に見ておこう

今回は、鈴木浩介が演じる笹本俊介を中心に、ドラマ「昼顔」をまとめた。

映画「昼顔」には、残念だが鈴木浩介扮する俊介や吉瀬美智子扮する利佳子は出演しない。

崩れていく普通の家庭をみて見ぬ振りする俊介の心情は、痛いほどわかる。妻の不倫に気がついても蓋をすることで、守りたかった普通の家庭。

不倫の果てに傷つくのは、本人だけでなく周りをも巻き込むのだ。崩壊の後に残るモノは、何かあったのだろうか?

ハムミが戻ってきた時、そこには既に新しい家庭が築かれていた。

関連記事

禁断の不倫ドラマ「昼顔」がついに映画化!あらすじと映画ネタバレで試写会の衝撃のラスト
昼顔再放送2017年予定(関東地区)見逃した!!!!2017年5月31日までどうする?
昼顔のキャスト 妻役の伊藤歩はすごい芸歴だった!修羅場でみせる演技力とその実績がすごい
映画「昼顔」の映画券は公開日前に購入!前売り券が安い
上戸彩主演のドラマ「昼顔」の脇を固める。旦那役の鈴木浩介が涙の役者魂!演技!!
斎藤工のインスタは公式アカウントなのか?プロ級の写真が見たい
上戸彩と斎藤工はお似合いのふたり。二人の愛は本物なのか?真実の愛が試される
上戸彩の髪型 映画「昼顔」のオーダーポイント

鈴木浩介が出演している「人は見た目が100パーセント」

鈴木浩介は映画「昼顔」に出演しないが、放送中の「人は見た目が100パーセント」でオネエキャラを演じている。

純たちが勤める「クレエラジャパン」の丸の内研究センター長の國木田修(鈴木浩介)が人気急上昇なのだ。

女子力アップを目指し毎回さまざまな研究を続ける純たちに的確なアドバイスをしてくれる役どころだが、早口でズバズバとダメ出しを連発し、仕草は少し“オネエ”の要素を持っている。

あらすじ
とある製紙会社に勤める優秀な理系女子研究員、城之内純(桐谷美玲)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)、前田満子(水川あさみ)。

これまで研究に没頭し、研究室に引きこもり、「女子力」や「美」などとは無縁だった3人は「このままではいけない!」と思い立ち、就労後に「美」についての特別研究を始めることに。

しかし、つけまつげに柄パン、太眉にアヒル口、何を試しても何故か笑える結果に。それでもめげない3人は試行錯誤をし、ダサい自分を卒業するため日々奮闘するのだった。

「人は見た目が100パーセント」のファッションがかわいい

鈴木浩介が主演している、ドラマ「人は見た目が100パーセント」のファッションがかわいい。カラフルな色使いで、これからの夏にぴったりの衣装をご紹介。

8話で岡崎紗絵が着ていたトップスなどを調査。

フラワー刺繍ブラウス
URBAN RESEARCH/アーバンリサーチ)

URBAN RESEARCH フラワー刺繍ブラウス アーバンリサーチ【先行予約】*【送料無料】

エアリーな質感のお素材が涼しげで、夏場まで着用が可能です。シンプルなデニムコーデはもちろん、ライトなお素材なのでギャザーパンツやワイドパンツのウエストにインして着ていただくのもオススメです。

同じく岡崎紗絵が着ていたトップス

トップス ブラウス 7分袖
BRAHMIN/ブラーミン

BRAHMIN brahmin ブラーミン トップス ブラウス 7分袖 無地 Vネック シンプル パフスリーブ 綿 コットン タイプライター 日本製 B13302  【smtb-m】レディースファッション

涼しく着れて二の腕カバー。パフスリーブの“ちょい甘ブラウス”シンプルデザインで可愛いめでもキレイめでも使えます。

足立梨花が着ていた衣装はLADYMADE(レディメイド)は売切れでした。

LADYMADE(レディメイド)でこの夏人気な衣装を紹介。

ヴィンテージサテンキャミトップス
LADYMADE/レディメイド

LADYMADE(レディメイド)ヴィンテージサテンキャミトップス

アシンメトリーなヘムデザインが、こなれ感を演出するヴィンテージサテンキャミソールトップス。ヒラヒラ揺らめくフレアフォルムは可愛らしいだけじゃなく、体型をカバーしてくれる効果も期待できる。

GEOMETRIC PATTERN アシメプリーツTOPS
LADYMADE/レディメイド

LADYMADE(レディメイド)GEOMETRIC PATTERN アシメプリーツTOPS

ジオメトリックパターンの細やかなプリーツを、アシンメトリーに配して、モダンレディに仕上げたトップス。デザインセンス溢れる1枚は、主役コーデにぴったりです。

ギンガムチェックフロントスリットタイトSK
LADYMADE/レディメイド

LADYMADE(レディメイド)ギンガムチェックフロントスリットタイトSK

フロントにあしらったスリットが、ちょっぴりセンシュアルな雰囲気を漂わせるタイトスカート♪キュッと結んだベルトで、スタイリングにメリハリを加えます。ガーリーなギンガムチェック柄もチャーミング。

リネンアシメスリットレイヤーSK
LADYMADE/レディメイド

LADYMADE(レディメイド)リネンアシメスリットレイヤーSK

モード感漂うデザインに目が引かれる、リネンアシメスリットレイヤースカート。裾広がりのシルエットで、女性らしさをしっかりと主張。合わせやすいカラーリングもポイントの1枚は、ワードローブの強い味方。

比較的安く購入できるため、売切れ前に購入して、これからの季節を楽しもう。

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ DVD BOX

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ Blu-ray BOX

人は見た目が100パーセント (1-4巻 全巻) 全巻セット

【在庫あり/即出荷可】【新品】人は見た目が100パーセント (1-4巻 全巻) 全巻セット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする